異世界。

お題「やっぱりフィルム写真が好き!」

 

 

f:id:waterdropchamp:20170530093613j:plain

 

お題、初投稿です。
記事を書くのもまだ慣れていません。
あしからず。
お手柔らかにお願い致します。

 

写ルンです”の映し出す世界

 

 私が普段使っているフィルムカメラは、今若者に流行りの”写ルンです"のシンプルエースというものです。手に取ったのは何年ぶりでしょうか。小学生の頃、遠足に行くとなったら、300円以内のお菓子とさけるチーズと”写ルンです”は必需品でした。”写ルンです”は、コンビニでも手軽に手に入るもので、「あ!忘れた!」なんてことがあった日にはこっそりコンビニへ行って買ったものです。いつの日からか、デジタルカメラが流行りだし、”写ルンです”は徐々に姿を消しました。

そして、2016年頃から、再熱。

「懐かしいなあ~」なんて思いながら手に取ってみると、手にすっぽり収まるサイズ感。当時はもっと手からはみ出るぐらいだったのに。

 

その”写ルンです”をカバンに忍ばせて、おでかけをする。自分の感性の赴くままに

 

『フィルムを回し、ファインダーを覗く。少し緊張しながらシャッターを切る。』

 

その瞬間は呼吸をも忘れ、切った後は少しため息が漏れ、ドキドキした余韻を感じます。その映し出された世界は現像・プリントしてからのお楽しみ。

それがまた醍醐味ですよね。

 

その世界とは

 

f:id:waterdropchamp:20170530093452j:plain

 

  雨の日にとある神社に行きました。撮影したのは紛れもなくここ最近ですが、なんだか昭和時代にタイムスリップしたかのように感じられます。

 ”写ルンです”の魅力は、どこか儚さや懐かしさを感じさせる写真の素材感にあるのではないでしょうか。写真は、その一瞬を、かけがえのない変えられないその時にしかない瞬間を一枚に閉じ込めて、振り返って見たときにその時の感情や五感で感じ取ったものを思い起こさせてくれる、宝箱のようなものだと私は思っています。

 幼いころとか、「絶対にいらないだろう!」って思うはずの砂浜で拾った小さな石ころとか、ビーズの欠片とか、空いた缶とか箱に閉まって取っておいたりしていませんでしたか?幼い頃はそういった道端に落ちているようなものでも、キラキラとした美しいものに見えました。写真もそのような感覚なんです。その一枚にはいろんな思い出が詰まっています。

 しかし、この写真には一瞬というより、不思議と時の流れを感じます。

 雨が降り注ぎ、小川にできた波紋とちらりと写る赤い鯉の姿。今にも鯉が元気に泳ぎ出しそうに錯覚してしまいます。

 この写真を撮影して、「ああ、好きだなあ」としみじみと思いました。

 実際に自分の両目で見た世界とは全く違う、異世界が広がるのもまた面白いですね。

 

 写真もさることながら、専ら音楽っ子なので、この写真を見て浮かんだ曲を載せておきます。良ければ拝聴してみてください。撮影場所は京都ではないので、お許しくださいませ。LIVEVer.で失礼します。

 

KYOTO / JUDY AND MARY

www.youtube.com

 

 

 

春は風のように / BIGMAMA

f:id:waterdropchamp:20170525104445j:plain

 

春は風のように
桜の花を散りばめて
鮮やかな絨毯を
二人寄り添って歩こう

 

— 春は風のように / BIGMAMA

 

桜の花は散り、青々とした葉が生い茂る5月。
桜のシーズンだけが春ではない、
春はまだそこにありました。

 

人ごみに揉まれ、今日も朝から仕事か、
なんて思いながら、戦闘服を身に纏い駅構内を歩く。
ふと目に入った天から伸びる紫の藤の花の写真。
あまりの美しさに、行ってみたい、と思った。
都会の淀んだ空気から解放されたくて。

 

思い立ったが吉日、
休日に足利フラワーパークへ。
しかし、もう藤の花の見ごろは終わっていたらしい。
がっくりと肩を落としたものの、
歩みを進めていけば、
視界いっぱいのカラフルなバラの数々。
秘密の花園に連れてきてもらったようだった。
ワンピースでも着てくればよかったなあ
なんてちょっと一つまみの後悔。

 

「春」は出会いと別れの季節なんて言われてるし、
新生活、とか、卒業、とか
そういったところに焦点を当てる曲が多い中で、
BIGMAMAの”春は風のように”は
曲名だけだと、春のことを歌ってるのかな?って思うけれど、
いざ聞いてみるととんだどんでん返しが起こる。

 

桜や菜の花が永い眠りから覚めて温かい春の訪れを
喜んでいるかのようなイントロから、
メロディーは間違えなく春っぽい、と私は思う。
しかし蓋を開いてみれば、
春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来て、
そしてまた春が来る。
曲調があまり変わらないのがまた、
季節が巡りに巡られていく感がある。

 

季節の巡りとあなた。
わずか2分20秒の中には
ドキドキと切なさがいっぱい詰まっていました。

 

ぜひ、聞いてみてください。
ライブVer.ですが下記に載せておきます。

 

www.youtube.com

 

 

はじめまして。

ご挨拶。
とまではいかないかもしれませんが、はじめまして。
自分の好きな音楽とおでかけ,写真とときどき本。
自由気ままにゆるりふらり、更新していきたいと思います。
ああちょっと風が吹いてるなぐらいの感覚で、
読んでいただければ、幸いです。
といっても、自他認める飽き性と三日坊主の持ち主ですので、
続くかはわかりません。ごめんなさい。先に謝っておきます。
 
ブログの方向性とかまだ何も考えずただ見切り発車しただけなので、
書きながら徐々にどこに行くのか決まっていけばいいなあという感じです。
終点はありません。ちょくちょく止まりながらゆっくり進んでいきます。
こんなゆるゆると気まぐれに走る電車に乗ってくれるお客さんはいるのでしょうか。
では、また。